アフィリエイトってどんな仕事なの?

アフィリエイト(affiliate)っていう言葉は日本語に直すと「紹介する」っていう意味です。ユーザーに商品を紹介してその紹介料として、報酬をいただく仕事です。そんでもって基本的にはネット上で商品を紹介するのが一般的なアフィリエイトです。

アフィリエイトを職業にしてる人のことを「アフィリエイター」と呼びます。

何を紹介するの


商品を紹介するって言っても何を紹介するの?って思いますよね。僕が思うに、この部分はアフィリエイトの大きな魅力の一つだと思うのですけど、「アフィリエイトで紹介する商品はメチャクチャいっぱいある」んです。

例を出すとキリがないんですけど、例えば育毛シャンプー。ウーマシャンプーっていうアフィリエイターの中では有名な育毛シャンプーがあるんですけど、これを紹介して誰かに購入してもらえば、1本につき1200円くらいの報酬がもらえます。3本セットで買ってもらえれば3500円ほどになります。

あとは「着うた」とかもアフィリエイトできます。携帯電話の着信音として着うたをダウンロードしてもらえたら「1件いくら」みたに報酬がもらえます。

資格の資料請求なんかでも稼ぐことができます。看護師になるための資格の学校の資料請求をしてもらったら「○○円」とかですね。ユーザーがお金を出さなくったって報酬をもらえる案件もあります。

さらにはクリックしてもらえただけで報酬が発生する案件もあります。一番有名なのはGoogle AdSense(グーグルアドセンス)っていうんですけど、Googleの広告ですね。自分が作ったサイトに貼り付けたGoogle AdSense(グーグルアドセンス)の広告をユーザーがクリックすると「1クリック○○円」と言った感じで報酬をもらえます。もちろんこれは自分でクリックしたんじゃダメですよ。


こんな感じで、もっともっとホントに商品の数だけあるといっても過言ではないほどたくさんの案件が選べるのがアフィリエイトなんです。だからユーザーに訴求する方法も無限大。飽きるってことのない職業なんですね!


どうやって紹介するの


紹介する商品が決まっても「じゃあ一体どうやって商品を紹介するの?」って思いますよね。基本的には自分で作ったサイトに商品の販売ページのアフィリエイトURLを貼って、販売サイトへ誘導する形を取ります。

わかりやすい例だと例えば育毛剤を売ろうと思ったら、育毛剤を使ってみたブログを解説して、売ろうと思ってる育毛剤の感想とか体験談を書いて、「この育毛剤はおすすめですよー」って感じで販売サイトへ訪問者を誘導するんです。

訪問先でユーザーが育毛剤を買ってくれたら報酬が発生します。

簡単に書きましたが実際にはかなり気合入れてサイトを作らないとなかなかユーザーが買ってくれるまではいかないんですけど、アフィリエイトの流れとしてはこんな感じです。


そんなサイトを作って商品やサービスを紹介して紹介料としてお金を稼ぐっていうのがアフィリエイトっていう仕事なんですねー
|

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

|